柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

So what?

って訳すと『それで』とか『だからどうした?』。結構きつい言葉だと思うがこの曲はそういう雰囲気はなく、むしろ聴いてて心地よい。心のひだに入り込んでくるかんじ。
この曲を聴きながらシャツにアイロンがけをするのが好きだ。シャツの皺がみるみる消えて行って、ぱりっとしたシャツになっていくのはとても爽快。色々余計なことでぐちゃぐちゃになってこんがらがっている頭の中が、すーっと解消されて行くのを感じる。こういう心を込めた手作業というのをすることが普段あまりないからか、その作業に没入することで得られる安らぎというのもある。一心不乱というのともちょっと違うんだけど。
襟から始まって、左手、左前身頃、背中、右前身頃、右手の順番でかけて行くのがなんとなく癖。村上春樹のねじ巻き鳥の冒頭で主人公が混乱するとアイロンがけをするというくだりがあったけど、とてもよくわかる。So what以外の曲もすべて僕ののんびりアイロンがけのリズムにぴったり。今日みたいな雨の休日にぴったりの一枚。

Kind of Blue

Kind of Blue