柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

A Love Supreme - 至上の愛

ジャズ界の巨頭John ColtraneのA Love Supremeー邦題至上の愛。この曲緊張するなー。突然iTunesのパーティーシャッフルでこの曲が選ばれて椅子から転げ落ちそうになったよ。イージーリスニングの対極にある、すげーハードな曲。代表作ではあってもこのアルバムを初めてのJazzとかでは絶対勧められん。とはいってもフリージャズではないのでしっかりメロディーラインが存在してるしそこらへんはまだ安心出来るんだけどさ。
4つの章からなる物語のような構成で、それぞれのタイトルがまたすごい。Acknowledgement(承認)、Resolution(決意)、Pursuance(追求)、Psalm(賛美)というこの4ステップはまさにA Love Supremeへの一歩一歩という感じだ。世の中ではその宗教的色彩が有名らしいけど、宗教に無関心でも全く問題なく入っていける。Acknowledgementで静謐に自分を見つめさせられ、Resolution・Pursuanceで自分自身を駆り立てられるような高揚感につつまれる。そしてPsalmの荘厳な重層的な響きが全てを包みこむ。決意を固め、その道を追求する勇気が出てくる音楽だ。なんか今日の気分にぴったりだ。
コルトレーンの超絶サックスだけじゃなく、エルビン・ジョーンズの神がかったドラムもすごいんだよな。その昔渋谷の東急文化村にエルヴィンのA Love Supremeコンサートに行ってものすごく感動した事をふと思い出した。

A LOVE SUPREME [Verve]

A LOVE SUPREME [Verve]