柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

自転車文化

日の出を拝もうと4時半に起床。しばらく粘るも空に重く雲がかかっていて太陽がちっとも姿を現さず、どうしてもうっすらとした朝焼け以上にはならない。でもまあこのたなびく雲とほのかな明るい光もいいな、と朝からのんびり露天風呂。それから自転車の調整。昨日走り終わった時にはなんともなかったんだけど、ホテル内でクルマまでロードバイクを動かすわずか20mの間に後輪がパンクするという珍事が発生。朝から修理を試みるもどうしてもインフレータからうまく空気が入らない。クルマで行くんだからフロアポンプを持って行けば良かったよ。まあ幸か不幸かそのうちポツポツ雨が降って来たので自転車で帰る事自体を断念。神戸に帰って先週頼んでいた服のお直しとか来週の結婚式用のシャツをピックアップしなきゃ行けなかったので、鳴門に向かう彼女たちとは別途高速バスで三宮まで。洲本からは一時間二本程度、わずか1800円で三宮まで出れちゃうんだから安いもんだ。
バスの場合輪行させてもらえるかどうかが結構微妙みたい。淡路交通はスペースさえあればok、神姫バスは原則ダメなんだって。。。うーん、荷物まで次の地点に運んでくれるサービスまであるスイスのサイクリングコースとは雲泥の差だ。。。輪行さえもっと気楽にできれば楽しみはさらに広がるんだけどなー。
で、三宮で買い物をして、夕方は鍼を打ってもらって一日終了。あー、なんかのんびりしたのかどうかわからん。