読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

iChat

mac

Macbookの修理ができて我が家にMacbookが二台になったので、いままで試したことのなかったiChatを試してみた。ぼくと彼女とふたり、どちらもgmailのアカウントをもっているのでそれであっさり設定完了。隣の部屋でふたりでiChatをつないでみたらあら簡単。MacbookにはiSightというカメラも内蔵されてるから、これだけでテレビ電話の出来上がり。画像もコマ落としみたいな感じにならないし、声と口の動きもほぼあっている。薄い壁越しなのでお互いの声が壁越しにも微妙に聞こえるのはご愛嬌だけれども。
後はiSightが液晶の上部についているので、おたがい画面の中の相手の顔を見ながらだと目を合わせることができないで、ふたりとも伏し目がちになってしまう。これがどうかできればいいんだろうけどなあ。液晶下部のMacBookって書いてあるところにカメラがあったら今度は上目遣いのふたりの会話になるのかな?
とまあそれはないものねだり。それでも遠距離恋愛中のふたりとか、長期出張・単身赴任の人にも最高じゃね。技術の進歩ってすごい。mac user同士でしかできないのかな?それとも互換性のあるWin用ソフトとかもあるのかな?遠くの友達や家族とも顔を見ながら話せるわけだ。そりゃやっぱりすごい。