柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

旅行計画

ニュースを見てたら2四半期連続で日本のGDPはマイナス成長なんだってね。先行き不透明だなあ。しかしやっぱり日本にいないというのは大きいね。いくらニュースで百年に一度の危機だと叫んでいても正直全く実感がないのだ*1。むしろ円がやたら強くなってるし海外旅行のチャンスではないかなどと暢気な気分。
というわけで円高を生かすべく、きたるクリスマス休暇のプランを週末に練った。フィリピンはキリスト教国だからか、新年を長く祝う風習はない。だから仕事始めは1月2日。そのかわり仕事納めは12月24日。その前の週あたりから多くの人がいなくなるのでぼくらも19日から休暇を取る事にした。
当初予定していたニュージーランド・オーストラリアは残り一ヶ月ちょっとということもあり、マニラからの飛行機がほとんどない。あっても3回、4回乗り継ぎは当たり前。直行便なら10時間かからないところが20時間とかまじできつい。mangoくんの日記を見てなんとなく頭の中にあった事からドバイも検討。先週オーストラリアを調べるついでになんとなく空席を調べて、幸運にもたまたま直行便がまだあいていたので仮予約も入れてたし。中華街にいく道すがらmangoくん夫妻から聞いた話がとても魅力的で、さらにいろんなウェブサイトを見てたらすごく盛り上がって来た。初の砂漠、初の中東であります。あ、鳥取砂丘に行ったことがあるのをカウントすれば二回目だけど。
後一ヶ月頑張って働くぞー。

*1:日本を出る前に凍結した株は大きな含み損を抱えてしまっているけれど、売る事も出来ないのだからどうにもならない