柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

ソリューションー2

昨日とはうってかわって充実感。現在進行中のプロジェクトの件で今日は買掛金を扱う部署と会議をしたのだけれど、こういう風にしたいだとかこれだとここが問題だというコンセプチュアルな問いかけに対して、システム内にあるこのデータとこのデータをどう組み合わせてマトリクスを作ればそれは解決できるねなどということがすらすら帰ってくる。細かいところだけでなく、大きな視点の話をしてもすぐにそれを理解して、自分のエリアではなにをしなきゃいけないかも考えてくれる。うーん、ソリューションだ。
打てば響くっていうのは気持ちがいいものだ。もちろんこの一回で判断するのは早計だけど、とても好印象。しかしあらためてこの部署の評価基準は不思議だな。これだけ出来る人が全く評価されてないんだから。