柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

シンガポールから利益予測をやっているグループのマネージャ二人がやってきた。ひとりはなんと、ぼくが会社に入ったころ日本で働いていたインド人。入社直後に韓国人メンターのSCKに出された課題として、いろんな年代のマネージャに対して「効果的に働くためには」というインタビューをして回ったのだけれども、そのときに話したのだった。その後何度か少しだけかかわりはあったのだけれども、直接会うのはそのとき以来。それでも彼は僕のことを覚えていてくれた。人生どこでどういう縁があるかわからないものだね。