柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

引き続き

今日も昨日に引き続き12時を回ってなお仕事。体はしんどいのだけれども、がんばっているチームの面々を自分が支えられていることは嬉しいことだ。こういう時にさっさと部下を残して帰るのか、それとも手伝うのか。自分がどういう上司になるのかなんて考えた事はなかったけれども、どうやらぼくは後者だったようだ。チームとして出さなければ行けない結果に変わりはないし、彼女たちの結果はすなわちぼくの結果なのだから当たり前と言えば当たり前なのだけれども。