柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

Analog Day


昼過ぎまで忙しく仕事をして、二時を回った頃オフィスがざわつき始めた。メールの送受信ができない。マイクロソフト・コミュニケーターもつながらない。その他イントラネット経由で使うものも繋がらない。IP電話を導入し始めた事業部では電話もできない。まだ普通の電話を使ってるぼくたちは物理的には電話はできるけれど、電話番号はイントラネット上にあるデータベースを見てかけるから、人の電話番号が記憶にない。
必要最低限のことは口頭で仕事を進め、部下との仕事のレビューなどネットワークが必要ない仕事をすることに。金曜日だし6時を過ぎたところで仕事を切り上げて帰ることにした。ぼくらの業務はそこまで超緊急性を要するものではないから別にいいのだけれど、出荷など顧客相手の業務は大丈夫だったのだろうかね。普段は気にすることがないけれど、こういうインフラがダメになってしまうと会社に対する被害は甚大だ。
冒頭の写真はホワイト・スワンホテルの盆栽。盆栽を花の描かれた屏風の前に置くというのはなんだか新しい。盆栽を育てるという仕事は通信インフラがあろうがなかろうがどうでも良さそうだけれども、それを流通させていく段階ではやっぱり通信インフラがないとどうにもならない、なんてことになってたりするのかな。