柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

さよなら、愛しい人

村上春樹訳のレイモンド・チャンドラー『さよなら、愛しい人』を読んだ。以前同じく村上春樹訳による『ロング・グッドバイ』を読んで、なんと素敵な文章だと思ったのだけれども、今回もまた良かった。
短い文章がリズムよく重なる。悲しいとか切ないとかそういう感情を直接描写することばは一切ないにも関わらず、いろんな感情が伝わってくる。すごいな。もう一度読みたい。

さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)