柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

藁細工




週末にコンドミニアムの中で子供たちを集めてイベントをやっていた。国慶節が近づいてきている。
休みを前にすこし気持ちが緩みそうなところだけれど、中国マーケットの重要性がかわらず高まり続けていることもあって、トップマネジメントが頻繁に中国を訪問してくる。正直なところその度に準備におわれ、仕事が止まるという側面もあるのでありがたいのだかどうなのだか。そのぶん考えがどんどんと整理されるという利点もあるけれど。
笹細工を作る仕事とはまたずいぶん違うものだ。