柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

Amazonの海外発送を利用してみた

娘の本と、妻の雑誌、それから統計学をいちから学び直そうということでAmazon.co.jpで本を買った。
Amazonプライムの会員なのだけれども、海外発送には即日配送サービスは当然ない。大晦日に注文したためか、少し発送まで時間がかかったけれども、発送からはあっという間で1/4に発送した荷物が今日到着。かなり早い。梱包もしっかりしているし、DHLを使っているので紛失とかも心配なさそうだ。11冊、24,000円、5.7kg分の本を買ったのだけれど、発送料が5,200円に加えて関税が314元、約3600円である。計32,800円で、本の定価プラス36%増で本を買えた。意外に安い。
これまでは香港に遊びに行くたびに銅鑼湾のそごうの中にある本屋さんで買っていたのだけれど、だいたい定価の3割増というところだから実はそんなに変わらない。香港まで出なくても、しかも香港では手に入らない専門書が簡単に手に入るというのはとても嬉しい。これから時々このサービスを利用してみてもいいな。電子書籍がもっともっと普及してくれたらこういう手間と手数料を支払う必要はなくなるとは思うのだけれど。