柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

エレベーター・スピーチ

夜9時から9時半まで予定されていた本社プレジデントとの会議。全事業部を統轄する、いわば会社のトップ中のトップとの会議なので先週からその準備に追われ、今日が本番だったのだ。ところがどっこいその直前に入っていた隣の事業部と彼との会議が1時間の予定をオーバーし、きっかり一時間半。その後我々に与えられた時間は3分。普段から優先順位を下げられがちなビジネスユニットで働いているので、まあ15−20分くらいもらえれば良いかと思ってたけれど、3分とは。エレベーター・スピーチとはこんな時のためにある言葉である。がっかりした顔を見せてもしょうがないので"No problem”ととりあえず笑顔を作った。明日は『いかに無駄な仕事をなくすのか』をブレインストーミングする半日のセッションがあるのだけれど、リストのトップにくること間違いなし。