読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

台湾旅行6日目〜礁溪老爺大酒店@宜蘭

台湾旅行6日目。台北を離れ、台湾の北東部にある宜蘭県の温泉宿にやってきた。ホテル・ロイヤル・チャオシー(礁溪老爺大酒店)といって、JAL系列のホテルらしい。もちろん温泉目当てなのだけれども、決め手になったのはこのホテル、和室仕様の部屋があるのだ。日本を離れてから温泉宿に泊まる機会が全くなかったので、畳の部屋に布団を敷いてねるなんてなんて最高の贅沢!
ホテルは山の斜面に建っていて、街とはかなり離れている。下界とは隔絶されたリゾート地。斜面にプールや薬湯など色々な温泉がある。ここは水着着用。温泉の方は男女別なので水着は付けず、日本スタイル。


泊まった部屋はマウンテンビュー。そばには河が流れていて、水音と虫の音に心安らぐ。山の方は樹々からのぼる水蒸気ですこしもやがかかっている。深呼吸する。空気が美味しい。

部屋を出て、ホテルの周りを少し散策。リラックスするなあ。

夜はビュッフェで夕食をとった後、少ししてからロビーで伝統的な台湾の楽器を使ったコンサート。三十六のリードがついた笙に太鼓に、台湾の踊りの披露。とても楽しい。ゆっくりと休んで温泉に入るぐらいしかすることがないかなと思いきや、夜一時間ヨガのコースもやっていたので一人で参加。言葉がほとんどわからず見よう見まねだったけれど気持ちいいや。