柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

ブッダ

聖☆おにいさん』を読んで久しぶりに手塚治虫の『ブッダ』を読みたくなったので大人買い。初めて読んだのは小学生の時だったかな。あの時は随分怖く、なんだか気分が悪くなってしまったものだったけれど、今読み直してみると全くそんなことないね。感受性が鈍くなっているのか、それとも人生経験を積んで色々なことを受け入れるキャパシティが少しずつ大きくなっているのか。
それにしてもタッタの最後は無情だなあ。

新装版 ブッダ 全14巻

新装版 ブッダ 全14巻