柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

空気清浄機追加購入検討中

うちでは最近ダイキンの空気清浄機クリアフォースをほぼ24時間まわし続けているのだけれども、気になったのでフィルターを交換することにした。本当はフィルター交換時期が来たら交換サインが出ることになっているはずなのだけれども、中国の空気の汚染度を考えて早め早めの交換といきたい。開けてみたらこんな感じ。結構真っ黒。記憶が正しければ前回交換したのは5月だったから、9ヶ月でこんな感じってことだね。

北京の日本大使館のウェブサイトには、大気汚染についての解説とその対策をまとめたPDFドキュメント*1がある。その中では北京で一ヶ月空気清浄機をまわした結果、これよりも真っ黒になった写真が載っていた。そういう意味では広州はまだまし、というか北京は本当にひどいってことだな。
ただ一つ精神的な救いになるのはどうやら日本の高性能空気清浄機はかなり良さそうだということ。ダイキン・シャープのホームページでスペックを確認したところ、粉塵やディーゼル排出粒子、VOC、NOxなどをキャッチする性能はかなり高いようだ。シャープのHEPAフィルターは、直径0.3μm以上の粒子を99.98%以上キャッチできるとのこと。pm2.5は直径2.5μm以下の微細粒子。その中でHEPAフィルターのスペックである直径0.3μmよりさらに細かい粒子がどれくらいあるのかは定かでないけれども、少なくとも0.3μm以上の粒子をキャッチできるのであればこれはいい。せっかくなので、ダイキンとは別のメカニズムのシャープの空気清浄機も買おうと検討中。

*1:リンクはこちら[http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/joho130206_j.htm:title]