柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

チーム会議

月に一度ないしは二度、チーム全体で会議をしている。最初の数ヶ月はどう進めて行くのか試行錯誤だったのだけれども、思い切って一人の部下に運営を任せてみた。もちろん事前に話をしてどういう話をするのかなどはぼくと部下の間で連絡は取るけれど、そのあとの準備や中身は彼がしきってくれた。

なかなかいい感じになって来た。いま経営陣がどういう方向に向かっているのかという大きなところを共有するところにはじまって、さらにチーム内でのワークプロセスの標準化やベストプラクティスのシェアリングなどなど。はじめてこのチームに来た時に、あまりに横のつながりが少ないのにびっくりしたけれども着々と成果が出ている。15人の部下のうち、ほとんどの人が声を上げてくれたのもいい感じ。

ただ、いまは2時間のうち1時間はぼくがしゃべっているけれど、理想は2時間の会議でぼくが喋る時間を30分ぐらいにしてさらに部下達に自分のアイディアや成功事例・失敗事例をシェアしてもらえる場にしたい。