読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

ハルビン・ビール

Life in China

暑くて寝苦しい夜が続く。ビールの美味しい季節がやって来た。中国生活4年を終えようとしているけれど、今まで飲んだことのないハルビン・ビールなるビールを売っていたので買ってきた。

缶にはSince 1900との文字。ずいぶん由緒のある会社だ。ちょっと調べてみたところ、1900年にロシア人が設立した中国最古のビール会社だそうな。ロシア人が作ったと知って少し不思議な気がしたけれど、考えてみればロシアと中国はお隣である。そういえばご近所に住んでいるロシア人もウラジオストクだかどこだかの出身で、中国との国境のすぐ近くで生まれ育ったと聞いた。ロシアと言えばついモスクワとかあちらの方が頭に浮かぶけれどもね。

村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の舞台のノモンハンだったり、終戦後のシベリア抑留だったり、知識としては知っていても感覚としてはあまりよくわかっていなかったな。地続きで他国と接しているというのはいまだに不思議な感覚だ。

さて、ハルビン・ビール。こちらは軽やかすっきりなお味でした。

f:id:yocchi_gogo:20140526000511j:plain