柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

山東省済南にやってきた

水曜日。真夜中の0時をちょっと回ったところでホテルにつき、朝からはホテルの会議室を借りて仕事。午後は済南にあるお店を視察して、夜広州に帰って来た。強行軍である。しかし、昨日の仕事は非常に腹立たしいものだったけれど、今日の仕事はとても勉強になったし色々な意味で清々しかった。

さて、済南市という街は北京・上海・広州なんかにくらべるとずいぶん田舎町だなあという雰囲気だったのだけれども、帰ってきてWikipediaで調べてみたところ、なんと人口560万人。日本で560万人の人口はというと、2010年当時の兵庫県に相当する。また、北海道や福岡県よりも多いのだ。今暮らしている広東省の人口だけでも一億人を超えるし、そもそも中国の人口は12億人を超えるのである。だから、一つの市で人口560万というのはあり得ない話ではないのだけれど、そういう規模の市がごろごろしているというのは、どうにもスケール感が違いますね。さらに山東省についてちらっと見てみたところ、歴史上の有名人物もごろごろ。これまた凄いスケール感であります。

山東省出身の著名人

山東省 - Wikipedia

ホテルからの一枚。こんな田舎にどえらい建物だと思ったけれども、人口560万人の街の示威を示すにはこのぐらいのスタジアムが必要なんだろうな。
f:id:yocchi_gogo:20140604134124j:plain