読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

EZ SIMでデータ通信ができなくなった場合の対処法

Life in Seoul 海外生活Tips

一時帰国の時の悩みは連絡手段。ケータイを借りることはできるけど、なんたって高い。そこで今回の一時帰国で利用したのがSo-netが出しているプリペイドSIM。羽田の国際線の到着ロビーで1GB版を買った。Amazonでも2GB版を買えるみたい。

こういうときにSIM Freeの端末を使っているのはとても便利である。ずいぶん前にプリペイドSIMが犯罪に使われたりするケースがあったりして、日本からはプリペイドSIMが消え失せたと思っていたのだけれども再び復活していたのだ。円安や来る東京オリンピックで外国人旅行客が増えることを見越してかもしれないけれど、これは嬉しい。音声通信はできず、データ通信だけなのだけれども、LINEやSkypeができるので連絡を取り合うにはなんとかなる。

iPhoneSo-NetLTE SIMを使うにはSIMカードを入れ、APNの設定をして、それから登録画面で必要事項を入力してアクティベートする三段階。APNプロファイルをインストールするのは簡単。So-netのマニュアルに従って所定のURLから事前にAPNプロファイルをダウンロードする。ただしこれには携帯のネットワークとは別に、インターネットにつなげるWi-fiが必要なので注意。出先ではなかなかフリーのinternet接続先がみつからず、結局実家に戻ってから実家のWi-fi経由で設定した。


Prepaid LTE SIM プラン2G  NanoSIM版

Prepaid LTE SIM プラン2G NanoSIM版



そんなこんなで一時帰国中はとても便利だったのだけれども、再びソウルに来てこちらで使っているプリペイドのEZ SIMカードに差し替えたら不具合発生。音声通話はできるのだけれども、データネットワークに繋がらない。残高がゼロになっているのかとチェックをしてみても、まだ50MBの通信料が残っている。SIMカードを何度かいれなおしたり、iPhoneを再起動してもダメ。どうにも使い勝手が良くないので、観念してEZ SIMの英語FAQを読んでみたら解決策があっさり見つかった。

日本帰国時のSo-netのAPNが残っていたのが原因で、EZ SIMに差し替えた時に接続先がおかしくなっていた。というわけで対応策はとても簡単だった。iPhoneの設定>一般>プロファイルからSo-netのAPNを選んでプロファイルを削除(下のスクリーンショットではSetting->General->Profile->Remove。ぼくは英語設定にしているため)。これで見事にデータ通信もできるようになった。全くもってマイナーなTipsではあるけれど、備忘のため。

f:id:yocchi_gogo:20150105195348j:plain