柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

残り物に福

金曜日。今回の来星の目的を全て済ませた。夕方IさんとHくんと焼き鳥屋で食事をして、チャンギ空港へ。そこで夜11時発のアシアナ便ソウル行きの搭乗手続きをしていたのだけれども、なにか変な感じ。なんと。。。オーバーブッキングで席が残ってなかった。

平謝りで一時間後のシンガポール・エアに振り替えても良いかと聞かれたので、それはもうしょうがないですねとあっさりにこやかに了解した。こちらも4年間の中国生活で数時間の飛行機の遅れなどまったく通常運行という感じ。アシアナからSQになるのならむしろそうしてもらっても良いぐらい。そのおかげで気持ちは全く平静。

そして30分ばかり待ったところ、再び申し訳なさそうな顔でグランドクルーの方が。一席だけアシアナのビジネスクラスが空いていたのでそちらにアップグレードしてくれるそうな。なんと、ラッキー。思い返せば6年前、コスタリカの空港でロストバッゲージで地上クルーに詰め寄る人たちを尻目に、ほがらかにしていたラテン系の人を見たのがきっかけだった。誰にとってもout of controlのことに怒鳴って消耗するよりもこういうほうがいいなと思い、できるだけ微笑むようにしているのだけれどこれが福と出たのかな。