読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

年の瀬に一年を振り返る

2016年もあと数時間。紅白をみながらあっという間の一年を振り返っています。

自分のこの日記をざっと見てみたのだけれども、今年は記事の数が激減。プライベートな写真などはclosedの別ブログに記録しているのですが、そちらの記事数は逆に増えました。2月に息子が生まれて家族が増え、撮る写真はほとんど家族のものになりました。

  • 娘、息子の成長が日々とても楽しい一年でした。娘とは一緒に本を読んだり、スケートをしたり、科学実験もかなりやりました。
  • 小さな子供がいるので、旅行などの遠出をほとんどしなかった一年でした。息子がもうちょっと大きくなったら家族でまたいろんな場所を訪れたいものです。
  • 仕事は相変わらず大変だけれども、順調。韓国はeCommerceがものすごく発達しているマーケットなので、いろいろ学ぶことがあって刺激的です。
  • 日本を離れたのが2008年の夏のことなので、海外生活も8年半になりました。ベテランの域に入ってきたと言っていいものか。まだ続きそうな予感。
  • 韓国に来てから2年半が過ぎました。韓国はとても暮らしやすいところです。パク政権をめぐるあれやこれやがあって国としては揺れているけれど、日々の暮らしにはなんの支障もありません。
  • 夏の終わりからエンテロウイルスで家族全員ダウンしたり、風邪を引いたりしましたが、大きな病気もなく元気に過ごしました。この一週間いろいろな健康診断を受けて一安心。ただ、いろいろガタが来始めているのも事実なのでもっと意識的に健康維持に取り組まないと。
  • 家族や友達がソウルを訪れてくれたり、休みの一時帰国で旧友に会ったり、数は限られているけれど充実していました。
  • 買ったものは、家族のものがほとんど。娘の成長や家族が増えるのに合わせてベッドを買い増したり、チャイルドシートを大きいものに変えたり、ストローラーを買ったり。
  • ガジェット好きの僕には珍しく、買ったのはJawbornのワイヤレス骨伝導ヘッドセット、FUJIFILM単焦点レンズ一本。昨年末買ったSIGMA単焦点レンズ50mm Artは初期不良でAFが効かず、EOS 5D mark IIも壊れて日本で修理をお願いしていたこともあって、今年はCanonの出番がほとんどありませんでした。そのぶんFUJIFILM X-E2は大活躍。なお2013年にキックスターターでバッカーになった手のひらサイズの分光光度計Scioは今年も未だ届かず。出荷は2016年頭に始まっているらしいのですが。。。気長に待とう。
  • 本はかなり読みました。Amazonの履歴を数えてみたら約800冊。これだけの量読むからにはもちろん漫画だったり薄めの本がたっぷり。小説、心理学、IT、ビジネス、歴史の中の本も50冊ぐらいは読んだかな。なおkindle unlimitedなどで読んだ無料の本が半分以上です。ただ、Kindle unlimitedの品揃えはどんどん魅力が薄れているような。。。

 

家族がひとり増えて毎日目まぐるしく過ぎていったけれども、充実の一年でした。