柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

桐島、部活やめるってよ

面白い。いやー、面白い。登場人物一人一人がすごくいい味を出している。微妙な人間関係とか、すれちがいとか、反感とか、不安とか、いろんなものが本当に良く描かれてると思う。何度も見直したい。原作も読んでみようかな。

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)


映画を見終わった後、解読・解説を読んでみた。これまた面白い。人生に意味があるのか無いのかといわれれば、別に無いんだと思う。だからといって別に絶望する必要だってない。ニヒルになる必要もないし、自暴自棄になる必要だってない。一度きりの人生、好きなことをやってチャレンジし続けたいし、身の回りの大切な人たちを大切にしようってことでいいのではないかな。個人的には野球部のキャプテンの『ドラフトが終わるまで』というのにぐっときた。そして映画部の前田くんの最後の台詞。


映画評論家の町山さんの『桐島、部活やめるってよ』の解説が素晴らしかったので、全文書き起こしてみた。 - NAVER まとめ