柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul→Yokohama

日曜日。息子の水泳教室を待つ間、Audibleで吉田修一さんの『路』を聴き終わった。

1999年に台湾新幹線の着工が決まり、そこから2007年開業までの物語。台湾で働く日本人商社員多田春香。日本に留学し、日本で働く台湾人男性劉人豪。台湾生まれで終戦とともに日本に「戻って」来た葉山勝一郎。戦前の国籍は日本だったけれども、終戦とともに『台湾人』に戻った中野赳夫こと呂燿宗。台湾で生まれ、台湾で生きる人々。色々なバックグラウンドを持った人たちの織りなす物語がとても面白い。

そういえば台湾を最後に訪れたのは2012年のことだった。2012年の1週間の台湾旅行の日記を見つけて、その7日間に行った場所や食べたものを思い出しながら読んだ。バイクが駆け回る台湾の街の雑踏、夜市の賑わい、故宮博物館の文物、宜蘭の空気の匂い、食べ歩いた色々なお店の小籠包。もうあれから9年も経つのかと思うとなんだか少し感慨深い。写真に映る娘の後ろ姿はまだとても小さくて、9年も経てば娘もそりゃあ大きくなるわけだと思う。そういう台湾の匂いや熱気を感じる楽しい物語だった。

いつかまた家族で台湾に行きたいな。その時には前回は乗らなかった台湾新幹線に乗って、高雄にも足を運んでみたい。

kakinotane177.hatenablog.com

恋愛小説になるのかと思いきや、そうはならないところで少しやきもきしたりするけれど、実際のところ人生ってそういうものかもしれない。愛する街で住むことを選ぶっていいなと思う。

クララとお日さま

カズオ・イシグロの「クララとお日さま」を聴き終わった。AIロボットのArtificial Friends = 人工親友クララと、人間の女の子ジョジーをめぐる物語。終始AIロボットであるクララの目線で物語は進み、クララが見たもの、クララが思ったこと、クララが抱いた感情をクララ自身が語っていく。人間を人間たらしめるものはなんなのだろう、ということを考えざるを得ない話。

たとえばAIが『観察し、学習することができる』能力を得て、それを活用することで、人格のコピーを作れるのか?それによって異なる個体が連続する『思考』を受け継ぎ、死から逃れることなど可能なのか?

また、AIはその判断基準や論理回路がわからないから怖いという話がある。この物語の中でも、「常に合理的」だと僕たちが思いがちなAIロボットであるクララが、因果と相関を間違えた誤学習によって太陽に対して信仰に似た思いを持ち、それに突き動かされて行動していくところなどとても面白い。なぜここまで『お日さまの特別な力』を信じているんだろうという違和感と不気味さもあるけれど、それはロボットに合理性を期待しているからこその気持ち悪さなのだろう。そういう不合理さこそが実は人間らしさ、なのかな。

そしてエンディング。AIBOに対して愛着を感じ、いつまでも修理をしてパートナーとして暮らす人もたくさんいるだろうし、逆にひと時楽しんだらあとは箱に入れてしまったり捨ててしまう人もいるだろう。AIロボットが人間のような外見で人間の『親友』として振る舞えるほどになった時、どうするんだろう?

聴き終わった後で少し書評を見てみた。Vogue Book Clubの書評がとても面白かった。物語の核心部分に触れる記述はたくさんあるけど、物語を読みながら感じたことを言語化してくれるし、自分では思い当たらなかった考察なども面白い。

www.vogue.co.jp

wired.jp

1年ぶりの日記

気づいたら一年以上日記を更新していなかったけれど、生きています。

この一年本を読む量がめっきり減り、ブログも書かず・読まず。仕事・家族・筋トレ中心の毎日でした。家から出ることもあまりないし、書くこともないし。ただ、オーディオブックは山ほど聞きました。Apple AirPods Proを買って、暇さえあればオーディオブックを聞いていた気がします。どれもこれも素晴らしいけれど、なんといっても『三体』シリーズは最高でした。『国宝』・『熱源』もハマりました。

あ、そういえば今年3月に猫が我が家にきて、家族が増えたんだった。日記を書いてないと、いろいろなことが起こっても大事なことを忘れてしまうものですね。もう少し日記を書こうかと思います。

熱源

熱源

Amazon

平成猿蟹合戦図

月曜日。久しぶりの三連休で心も体ものんびり。娘の友人宅から一晩預かったトイプードルのベンジーと散歩をしたり、リビングでソファーに並んで座ってぼーっとしたり。

朝から読み始めた吉田修一さんの『平成猿蟹合戦図』。舞台は歌舞伎町。身代わり出頭、脅迫、ヤクザ、、、そことなく漂う暴力の香りにドキドキしながら読んだのだけれども、幸いなことにあれよあれよと物事は良い方へ、うまい方へと転がり始めてハッピーエンド。そうか、これは猿蟹合戦だもの。蟹の子たちはきっと幸せになったのだろう。

 

平成猿蟹合戦図 (朝日文庫)

平成猿蟹合戦図 (朝日文庫)

  • 作者:吉田修一
  • 発売日: 2014/03/07
  • メディア: 文庫
 

 

 

七帝柔道記

先日図書館でなにかタイトルに心惹かれるものあって借りた、七帝柔道記を読了。

半分ほど読んだところでふと気づいた。あれ?これ読んだことあるぞ?

こういう時に読んだ本の記録をとっていると助かる。この日記の検索をしてみたところ、今から6年半前の2014年に読んでいた。しかも2014年に買った400冊のKindle本の中で一番面白かった本にさえあげている。

記憶ってあてにならないものだね。でもそのおかげでまた新鮮な気持ちで一から楽しめた。苦しみぬいて身体的にも精神的にも強くなっていく姿が眩しい。

 

七帝柔道記 (角川文庫)

七帝柔道記 (角川文庫)

 

 

 

 

 

コクーン

葉真中顕さんの小説5冊目は『コクーン』。これまで読んだ5冊の中で、もっとも感慨深く余韻の残る小説だった。

物語は終戦間際の満州からはじまり、1960年代の熊本、1970年台の関東のどこか、1995年の東京と、2011年の東北、そして現代へ。

色々な時間を前後し、いろいろな場所で、さまざまな人々をつないでいく。一見全く関係なさそうな人々の人生は少しずつ絡み合い、影響しあっている。金色の蝶がそれを繋ぐ。目眩く。

話の大筋はオウム真理教を思わせる新興宗教シンラ。それに絡め取られ、巻き込まれ、あるものはそれを自ら選び、人生が変わっていく。最後の種明かしは圧巻だった。これはありえた未来の一つの形。この人物は現実の世界のあの男。人生何がきっかけとなってどうなっていくのかはわからない。

窓から外を見る。台風前の不思議な雲を眺めながら、20年以上前の学生だった時に歩いた駒込の安アパートから霜降り銀座へのくだり階段を思い出した。

あれからもう20年がたった。いろいろな出会いと別れ、さまざまな偶然、自分がたまたま選んだいろいろな出来事と多少の幸運が重なって今がある。

いまこの瞬間こうやってこの本を読み、子供たちと交わす何気ない会話も何かの未来に繋がっている。幸あれかし。

コクーン (光文社文庫)

コクーン (光文社文庫)

 

 

 

マイルストーン

先週は一週間仕事がかなり忙しく、ここ数ヶ月熱心に続けてきたFreeleticsもサボってしまった。

3週間ぶりにジムに行って筋トレ。新型コロナ前に数ヶ月72.5キロで足踏みしてたベンチプレスなのだけど、前回の77.5キロを超える80キロをあげられた。新型コロナウイルスが出回ってから自宅トレーニングがほとんどだったのだけど、伸びるものだ。

40過ぎてからの挑戦。筋トレを始めたのは一年半前なので、亀の歩みではあるけれど、地道に努力してそれが形になって現れるのは単純に楽しい。一つのマイルストーンをようやく突破できた喜び。さて、どこまでいけるかな?

 

MILESTONES

MILESTONES

  • アーティスト:DAVIS, MILES
  • 発売日: 2009/04/03
  • メディア: CD