柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul→Yokohama

Audio Book

サラバ!

西加奈子さんの『サラバ!』を聴き終えた。主人公の圷歩(あくつあゆむ)は1977年イラン駐在中の父母のもとテヘランで生まれ、その後エジプトカイロで小学生時代を過ごし、中学校以降は大阪で。そこで阪神大震災を経験する。その年には地下鉄サリン事件もあ…

カズオ・イシグロ『わたしたちが孤児だったころ』

カズオ・イシグロの『わたしたちが孤児だったころ』を聴き終えた。主人公クリストファーが子供時代を過ごした上海の租界での生活の思い出、イギリスの学校でのエピソード、探偵として成し遂げた仕事や社交会でのやりとり。特に大きな出来事があるわけではな…

カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』

前回の日記からまた3ヶ月近く空いてしまった。スキーをしに磐梯山や長野に行ったり、子供の誕生日を祝ったり。仕事はとにかく忙しくて残業続きではあるけれど充実。健康状態も万全。磐梯山の後で二日間寝込んだけれど。そういえば最近子供たちがポケモンGO…

日曜日。息子の水泳教室を待つ間、Audibleで吉田修一さんの『路』を聴き終わった。1999年に台湾新幹線の着工が決まり、そこから2007年開業までの物語。台湾で働く日本人商社員多田春香。日本に留学し、日本で働く台湾人男性劉人豪。台湾生まれで終戦とともに…

クララとお日さま

カズオ・イシグロの「クララとお日さま」を聴き終わった。AIロボットのArtificial Friends = 人工親友クララと、人間の女の子ジョジーをめぐる物語。終始AIロボットであるクララの目線で物語は進み、クララが見たもの、クララが思ったこと、クララが抱いた感…

1年ぶりの日記

気づいたら一年以上日記を更新していなかったけれど、生きています。この一年本を読む量がめっきり減り、ブログも書かず・読まず。仕事・家族・筋トレ中心の毎日でした。家から出ることもあまりないし、書くこともないし。ただ、オーディオブックは山ほど聞…

宝島

金曜日。通勤のクルマの中でこの1ヶ月弱たのしんで聴いた宝島もついに大団円を迎えた。戦後、米軍統治下の沖縄で、米軍基地から物資を強奪してそれをコザの人たちに分け与える英雄だった戦果アギヤーの若者たちの物語。米軍、米民政府、琉球警察、ヤクザ、教…