読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

サキソフォン・コロッサスとの再会

Music

昨日買って来たSonny Rollinsサキソフォン・コロッサスをオーディオにかけて煎茶で一息。出だしのSt. Thomasの超絶有名なフレーズに一気にロリンズの世界に引き込まれる。なんってかっこいい曲だ!豪快なブロウに体が痺れる。このアルバムはジャズの名盤中の名盤。僕もジャズ駆け出しの16歳の時に初めて買ったんだけど、人に貸したまま帰ってこなくっていつのまにか10年以上経ってた。2回同じアルバムを買うよりは他のアルバムをって思ってたんだけど、たまたまユニバーサルの"Jazz the Best"で初回限定1100円だったのが再会のきっかけになった。
改めて聞いてみてやっぱり名盤と言われるものは違う。結局いつまでたっても初心者の域を出られないのかもしれないけど、こういう名盤といわれるものに帰って来ちゃう。このアルバムの収録は1956年。今から遡る事半世紀昔の作品だとは信じられない。さらに当時のロリンズは26歳だって。こっちも信じがたいクオリティの高さ。

サキソフォン・コロッサス

サキソフォン・コロッサス