読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

ルソー


彼女のお母さんが来訪。僕は昨日の徹夜がこたえて家でのんびり。その間に二人は一緒に京都へフィラデルフィア美術館展に高台寺、清水寺へと行って来た。そのお土産にもらったのが、アンリ・ルソーの『陽気な道化たち』のミニジグソーパズル。
僕はまったく絵画には詳しくなくって単純に好きか嫌いかくらいしかないんだけど、ルソーの絵は最も好きな絵の一つでとても嬉しい。大塚美術館の複製陶板画には残念ながらルソーの作品は入っていなかったんだけど、ジグソーパズルになってるんだね。明るい緑から深い緑まで緑のグラデーションがとても美しい。静謐、というのはこういう感じかな。サルたちが森の奥からじっと見つめてくる視線もキュート。
とはいえこれがジグソーパズルになるとなかなかの難物。緑のグラデーションが奇麗な裏返しに1ピース毎の違いがかなりわかりにくい。わずか204ピースだから簡単かな、と思いきやピースがとても小さい。ピンセットを使いながら3時間以上かかってしまった。

まあ高校生の時にNASAの撮影した『Planet Earth』を半年かけて作った*1事を考えればまあ非常に簡単である事にはかわりないけど。まだ糊を塗っていないからジグソーパズルの溝が乱反射して絵の雰囲気が全く出てない。ジグソーパズル用の糊を買いにいかなきゃ。

*1:地球の中も海の青、砂漠の赤、雲の白、山の緑とかなりわかりにくかったんだけど、なによりバックの宇宙空間は漆黒なので全ピースを一個一個確かめながら地道に作ったもんだ