柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

フィリピンで部分日蝕

今日は日蝕。朝からNHKやCNNは沖縄や上海で見られるという皆既日蝕の話題で持ち切りだ。フィリピン、マニラでは最大およそ50%が欠ける部分日蝕が見れる。朝からワクワクしながらこないだもらったピンホールハガキを手に家を出た。日蝕観測用のフィルターは手に入らなかったけれども、これもなかなか楽しい。9時前、会社に向かう車の中、たまたま日が車の中に射して来たので何気なくハガキをかざしたら見事にわずかに欠けている太陽の影が映る。すごい。
オフィスについて、仕事に取りかかる前に太陽が入ってくる場所を探した。3週間の日本出張を終えて帰って来たSPさんと9時半から会議だったのだけれども、9時45分の最大部分日蝕までは窓際に張り付いて日蝕観測。ハガキを持ってもらって、ぼくがスクリーン用の紙を。みるみる太陽が欠けてくんだね。ピンホールだからそんなに大きくは見えないけれども楽しい。たまたま空を見上げたら曇り空に太陽が隠れる瞬間で、肉眼で部分日蝕を見る事が出来た。目には悪そうだけど大興奮であります。まわりは意外にクールでいったいこいつら何やってるんだという感じだったけどさ。

家に帰ってYouTubeで皆既日蝕の様子を改めて見てみた。フィリピンの50%部分日蝕程度では特に辺りが暗くなったりはしなかったけれども、皆既日蝕だと本当にまわりが真っ暗になるんだね。神秘的な瞬間だ。