読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

本当に素敵な家だ

Relocation Life in Manila

引っ越しして来て3日目。ようやくゲストルームに山積みされた本の片付けに取りかかった。ところが本棚に本が収まりきらない。引っ越し前にはそんな事なかったはずなのに一体どういう事だろう?本棚がほぼいっぱいになってもなお床に散らばる本に呆然、とりあえず諦めた。昼からはロックウェルクラブの会員証を新しいユニットのものに切り替え、SMにシーツを買いに行って来た。今度の家にはダブルサイズのベッドが一つ備え付けてあったので、主寝室にぼくたちのベッドと二つ並べておく事にしたのだ。ふたりにダブルサイズのベッドが二つ。ダブルサイズのベッドを独り占めできるというのは何とも贅沢だ。
さて、3日かけてだいぶ家としての体裁が整って来た感じである。今度の家は作りが重厚で、キッチンや一部屋一部屋の間取りも広く、ウォークインクローゼットにバスタブもある。なにより家主の趣味が非常に良く、調度品や飾られた絵なんかも非常に感じが良い。写真は荷物を運び入れる前のリビング。おおよそ20畳のリビングにラウンドテーブルとソファ、壁には緑色が美しいアジアンテイストの絵。静かである事を基準にこして来たけれども、それだけではなくって素敵な家である。