柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

一年


あの日から一年。香港の新聞にも1年経ったことが大きく取り上げられていた。湾仔のビルの中では3.11前の福島の写真が展示され、寄付を募っていた。香港の写真家が撮ったという美しい写真の数々。道行く香港の人たちも立ち止まり、その写真に見入っていた。
日本を離れて暮らしているいま、手に入る情報はテレビかインターネット経由のものがほとんど。自分の中で、現実感があるようなないような、何か焦点が定まらない感覚。でも異国の見知らぬ人たちが関心を寄せ、寄付をしてくれているのをみると自分にできることというのが限られた中でも見えてくる。目をつぶって被災者の人に思いを馳せる。