柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

乙嫁語り7

木曜日。朝の9時から会議漬け。

夜中に乙嫁語りの新刊をさらっと読了。舞台はペルシア、今のイランへ。ペルシアはサウナが一般的だということで、ほぼ全編サウナが舞台という感じ。17世紀から19世紀ごろまでこの地域にあった姉妹妻・縁組姉妹といわれる風習が題材。この風習と普通に僕たちが想像する結婚との違いは、女性同士の婚姻関係というだけで、男女間の結婚とほとんど変わらなかったそうな。大勢の立会いのもと結婚式をしたり、新婚旅行に行ったり、死後に財産分与をしたり(すべてあとがきより)。そういう風習がある場所があったんだね。イスラム文化の知らなかった一面。まだまだ世界はとてつもなく広くて、知らないことだらけだ。