柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

決定

朝起きたらひどい頭痛と熱。ただ今朝は新居候補の大家さんと会う予定で午前休もとっていたので身ぎれいにして出かけて来た。以前今住んでいるところの大家さんがうちを訪ねて来た事もあるけれど、どうやらこちらでは大家さんと店子が面会をするというのは割と普通のことのようだ。
大家さんは年配の夫人で、アメリカから帰省中だと言う娘と一緒。ふたりともとても爽やかで気持ちいい人たちであった。これを取り外してください、あれをチェックしてくださいというこちらからの注文にも鷹揚にOKを出してくれる。入居日の交渉も必要なく、あっさりと9月中旬からの契約で良いとの事。これは本当に助かった。日本でもそうだと思うけれども、逸失利益が大きくなるという理屈で契約日を早め早めにしたがる大家や不動産屋が多い中でこの鷹揚さはとてもうれしい。みたところとても裕福な人たちのようで、どうやら複数の物件を投資用にもっている様子。金があるからこその余裕と言ってしまえばそれまでだけれども、こういう余裕のある人にであえたことは本当に幸運だ。
1時間弱の面会を終えて家に帰ると覿面に熱が上がっていた。予定を切り替えガタガタ外の工事が五月蝿いのに耐えて一日家で静養。疲れてたのかな。ひとつの心労の原因だった住環境について引っ越しが決定して解決のメドがついた。これからちょっとドタバタするだろうけれども引っ越しがとても楽しみだ。