読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

「千と千尋の神隠し」を見てきた

Movie Life in Seoul

f:id:yocchi_gogo:20150208141731j:plain

日曜日。午前中の気温は−10℃。娘と外に出てみたのだけれども、あまりに寒くて15分ほど遊んで退散。そのあと、車に乗ってヨイドにあるIFCに初めて行ってきた。IFCの映画館では『千と千尋の神隠し』を上映中。係りの人に聞いてみたら、日本語音声プラス韓国語字幕だという。これならぼくたちにもわかる。というわけで、さっそく当日昼2時からのチケットを買った。開始までの時間モールの中でご飯を食べたり、日本語書籍が超充実したYP booksで本を見たり。そしていよいよ「千と千尋」。これまで何度もDVDで見たけれど、実は映画館で見るのは初めて。映画館で見てみると、いろんなシーンの彩色の細やかさ・繊細さだったり、今まで聞き取れていなかった微かな音などがはっきりと浮かび上がってくる。何度も見たとは思えない新鮮さ。マニラで生活していた時にはものすごく頻繁に映画を観に行っていたけれど、中国に越してからは一度も映画を観に行く機会がなかった。娘もだいぶ大きくなって、映画を見ることもできるようになってきたからこれを機にもっと映画を観に行きたいな。


f:id:yocchi_gogo:20150208174018j:plain

帰りは直接家に帰らずに、景福宮から延世大学を経てマポ区へとドライブ。日中太陽が出ていたのに、いまだ車のダッシュボードに表示される外気温は-6.5℃。車の中にいてシートヒーターと暖房を入れていても少し肌寒い。また新しい場所を走れて楽しい!のだけれど、実際にはナビの指示に従えずになんどか立体交差のポイントを逃し、延々と迂回路を走ったのだった。