柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul→Yokohama

バード・ボックス

最近Netflixばかりみている。日本に帰ってきてもうそろそろ2年が経つけれど、レンタルDVDを借りたことはおろか、会員証さえ持っていない。日本を出るまえ、神戸で暮らしていたころは週末の前にはツタヤによく行ってたものだけど。一つの産業の栄枯盛衰。

週末見たのはサンドラ・ブロック主演のポストアポカリプス映画バード・ボックス。「見てはならない」という恐怖。ゾンビやなんやら目に見えるものも怖いけれど、なんだか正体はわからないし直接的な危害を加えてくるわけでもないけど見てはいけないというものもまた怖い。そんな中での人間模様。評価はあまり高くないみたいだけど、個人的にはハラハラドキドキ楽しんだ。

https://www.netflix.com/title/80196789

ハングリー・タイガー

f:id:yocchi_gogo:20190311000501j:image

二日連続でスーパー銭湯へ行ってみよう!と車を走らせた。途中でなんだかとてもお腹が減って、思い立って立ち寄ったのはハングリー・タイガー。肉をたくさん食べて、そのあと塩風呂に浸かっていたら体ポカポカ。夜になっても全くお腹がへらない。

のび太の月面探査機

土曜日。家族四人で映画ドラえもんを見にワールドポーターズへ。子供のころ、映画館でのび太の魔界大冒険を父と見た記憶がある。こうして今度は父親になって娘息子と一緒に映画を見る。その後三溪園に散歩に行き、それからこれまた家族四人で初めてのスーパー銭湯。幸せだね。

 

 

Train to Busan

Netflixで韓国のゾンビ映画부산행を見た。ソウルから釜山を結ぶ高速鉄道KTXを舞台としたゾンビもの。韓国語の原題は「釜山へ」。英語版は「Train to Busan」。邦題は新感染 ファイナル・エクスプレス

韓国で暮らした三年間。そういえば一度だけKTXに乗って会社のチームのみんなと釜山へ行ったな。楽しい社員旅行だった。また韓国に行きたいな。などとのんびりした気持ちで見始めたのだけど、始まってしまえばノンストップで息もつかせぬストーリー展開。

新幹線とかけたのであろう邦題のセンスはともかくとして、期待をはるかに上回る良い映画だった。

 

 

メリー・ポピンズ リターンズ

家族四人で見た初めての映画はメリー・ポピンズ リターンズ。メリーポピンズが大好きな妻にも、メリーポピンズの記憶は朧げな僕にも、メリーポピンズを見たことのない子供達にも、全員とっても楽しめた。 

日本語吹き替えは平原綾香さん。とても素敵な歌声でした。

 

メリー・ポピンズ リターンズ (オリジナル・サウンドトラック / 日本語盤)

メリー・ポピンズ リターンズ (オリジナル・サウンドトラック / 日本語盤)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

恵比寿鮪喜にてマグロ三昧

f:id:yocchi_gogo:20190119201838j:image

 

前職の時の先輩のAさん、後輩のMさん、Hさん、Tさんと恵比寿にてマグロを楽しむ。久しぶりに会う面々はみんな元気で、最近の仕事の様子や子育てについて色々な話を聞いた。新卒で入った会社だからこその繋がり。ありがたい。

 

マグロの方も骨つき中落ちからハマグリを使って身をこそぎ取って食べるなど、なかなか面白い。せっかくのマグロなのだからタバコの煙とにおいなしで楽しめればもっといいんだけどな。

 

 

今この時間を楽しむこと

f:id:yocchi_gogo:20190117230527j:image

 

こないだの週末の日曜日。妻と娘が二人で出かけたので、家で息子とお留守番をした。松ぼっくりにビーズをつけたり、ひらがなを探して遊んだり、いっしょにおにぎりを作ったり。くもんの「やさしいめいろ」を渡して膝の上に座らせたら、夢中になってあれよあれよというまに丸一冊の迷路を全部一人でやり遂げてしまった。

テレビに頼ることなく、僕もiPhoneを封印してずっと二人で遊んでいたら、今までよりもぐっと距離が近くなったみたい。週末が終わりまた日中は家を空けているけれど、家に帰ってドアの鍵を回したら息子と娘が競うようにして迎えてくれた。

時間が経つのは本当に一瞬だ。子供達とこういう時間を過ごせるのはあとどのくらいあるだろう。この一瞬一瞬を大切にしたいな。