読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

アルスラーン戦記 6

Book

土曜日。息子と二人で自宅で留守番を楽しみました。息子を昼寝に寝かしつけたあと、最近出たばかりのアルスラーン戦記の6巻を読了。相変わらずとても面白い。続きが気になってしょうがないので、ついつい原作の方にも手を出してしまいました。この漫画は原作にかなり忠実なのだなあ。一気に4巻まで読んで、漫画を追い越しました。Kindle化されているのは第一部が終わる7巻まで。

アルスラーン戦記1王都炎上 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記1王都炎上 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記2王子二人 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記2王子二人 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記3落日悲歌 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記3落日悲歌 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記4汗血公路 (らいとすたっふ文庫)

アルスラーン戦記4汗血公路 (らいとすたっふ文庫)

刺激

f:id:yocchi_gogo:20161106132134j:plain

火曜日。急遽駆り出されて営業にアプライしている候補者3人と面接。中国で学生さんたちと面接していた時にもそのスペックと経験に腰を抜かしたけれども、今日はそれに輪をかけてすごい人と出会った。刺激になるね。一部トップ層の学生に関しては『最近の若いものは』なんて言説は全く当てはまらず、むしろ年々そのすごさが際立ってきている気がするな。ぼくもまだまだ枯れている場合でも散っている場合でもない。

NINETEEN

Book

Kindle unlimitedでみつけたきたがわ翔さんのマンガ。中学生ぐらいの時にBBフィッシュというマンガを読んでたことを思い出して、ペラペラとめくってみた。

登場人物のファッションだったり、言動だったりがなんともバブル期のマンガという感じ。主人公にあまり共感できない。それともぼくが19歳x2を超える年月を過ごし、そういう感受性というものを失ったのか。19の時に過ごした東京の様子ははっきり思い出せるようでもあり、靄の中にかかっているようでもあり。

NINETEEN 1

NINETEEN 1