読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

インターネット開通

Life in Manila Relocation

ようやくコンドミニアムにインターネット開通。先々週の木曜日にSkyCableに申し込んだんだけど、なんと10日あまりという短さ。こちらがスケジュールを合わせて家にいる事さえ出来れば最短4日で開通するそうな。フィリピンでこの早さは信じがたい。
早速Macをつないでみた。その昔のモデム時代なみのスピードにでもなるのではないかとかなり低めの期待からスタートした事もあって、まずまずのスピード。スピードテストをやってみたらしっかり1.5Mbpsでていた。1.5Mbpsのプランでその通りの数字が出ているんだね。ADSLではなくってケーブルテレビだからベストエフォート型ではないのかな?回線の早さならPLDTの3Mbps ADSLプランが一番だと言う人も周りにはいたけれども、PLDTだと開通まで1ヶ月2ヶ月はざらという話だし、ベストエフォート型ならとてら3Mbps出るとは思えないし。さっそく横浜の彼女の実家とスカイプでつないでテレビ電話。画像の質はGLOBEの回線が入っていたAscottの方が多少はいいけど、全く問題なし。SkyCableにしてよかった。
しかし、日本のブロードバンド環境に比べるとやっぱりまだまだ弱いね。最近では100Mbpsとか下手すりゃ1Gbpsとかもある日本と比べると1.5Mbpsって驚きの遅さ。それで年間8万円近くかかるんだから高いよね。とにかくインフラに対する投資が乏しい国だし、そもそもコンピューターを持っている人がどのくらいいるのかという事を考えればブロードバンド環境を整えるより先にやらなきゃ行けない事がたくさんあるんだろうけれど。