柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul

Fitbitを洗濯したけれど、なんとか復活した話

7月末に日本で買ってきたFitbit One。これは活動量計といって、歩いた歩数だけでなく一日の活動レベルと消費カロリーもトラックしてくれる面白いガジェット。親指ぐらいの大きさで、日本のメーカーの活動量計・万歩計に比べると遥かにコンパクト。デザインもシンプルで、シャツに付けてもパンツに付けても大して目立たない。夜寝る時に体に付けていると、寝返りなどの体の動きから睡眠の時間と質をモニターしてくれる機能付き。一か月ばかりこれを付けて生活して、自分の消費カロリーをモニターするのが習慣化していた。

ところが昨日、会社にいこうとしてふと気付いた。あれ、Fitbitどこだ?小さすぎるのは時として短所でもある。パジャマに付けていたのをすっかり忘れて洗濯機に放り込んでしまった。随分短い間だったなあ。

しかしたまたま、どこかで聞いた話を思い出した。確か、携帯電話を水没させた時などでも、ショートしないように電源を切った状態で、不純物の少ない水で洗い、そのまま乾かせば助かる可能性もあるらしい。こうなればダメで元々。たまたまカメラのレンズ用の防湿庫も持っているし、そこならば湿度を25%程度の状態に保てる。というわけでFitbitを防湿庫に放り込み、丸一日経過。

結果はというと、見事に復活!無事に歩数をカウントしてくれ、それをBluetoothiPhoneに接続してくれる事も確認できた。もちろん電子部品が腐食して壊れやすくなったりするリスクはあるらしいから完全に元通りになるかどうかはさだかではない。それでもダメだと思ったものが何とかなったというのはとても嬉しい。また再びトラッキングを続けられるしね。今度からもっと気をつけなければ。

【日本正規代理店品】Fitbit One Black ブラック FB103BK-JP

【日本正規代理店品】Fitbit One Black ブラック FB103BK-JP