柿の種中毒治療日記

Kobe→Manila→Guangzhou & Hong Kong→Seoul→Yokohama

Movie

謝罪の王様

日本からの便で見た。残念ながら個人的には波長が合わず。舞妓Haaaan!!!はかなり楽しめたのだけれども。謝罪の王様 [DVD]出版社/メーカー: バップ発売日: 2014/03/28メディア: DVDこの商品を含むブログ (1件) を見る

Gravity

中国からの飛行機の中でGravityを見た。JALと南方航空との共同運行便だけれども、日本語字幕・吹替えはないという親切っぷりである(英語耳のトレーニングのために)。ふだんだと誰かしら、何を言っているか聞き取れない人がいるのだけれども、この映画は違…

桐島、部活やめるってよ

面白い。いやー、面白い。登場人物一人一人がすごくいい味を出している。微妙な人間関係とか、すれちがいとか、反感とか、不安とか、いろんなものが本当に良く描かれてると思う。何度も見直したい。原作も読んでみようかな。 桐島、部活やめるってよ(DVD2枚…

映画三昧

久しぶりのひとりっきりの週末。特にやることもないので映画三昧。 ニュースの天才。実話に基づくそうで、淡々としたストーリー展開だけれどもすごく面白かった。権威ある新聞で筆を執る人気の若手新聞記者。誰もがスター記者だと認める活躍っぷりで、人当た…

ゴールデンスランバー

以前小説は読んだのだけれども、映画も面白かった。時折挿入される主人公達の大学生時代の思い出と、卒業から10年近くたってそれぞれ別の道を歩んでいる人々の対比。無実の罪を着せられて、自分の過去は全て捨てる羽目になるけれど、それでも変わらない何…

ノートルダムの鐘

ディズニー映画の『ノートルダムの鐘』を見た。香港ディズニーランドの『ゴールデンミッキー』というステージでこの映画の一シーンがあって、気になっていたんだよね。ストーリーは、ディズニー映画とは思えない暗さ。でも、それがリアリティがあっていい。…

塔の上のラプンツェル

ディズニー映画の『塔の上のラプンツェル』を見た。とても面白い。塔の中から外に出ること無く18才の誕生日を迎えるラプンツェルが初めて地面を踏みしめた時の歓喜。同時に母親の言いつけに背いてしまったことに対する罪悪感。フリンとともに城下町を訪れて…

コクリコ坂から

笑って、泣いた。 音楽が可愛らしい。音楽がないシーンの静かなやり取りも良い。いろいろな情景がとても丹念に描かれている。その中での淡い恋のやり取り。 といいつつ個人的に好きなのはなんといってもカルチェラタンにこもる個性的な面々。太陽黒点を観測…

The Ides of March

上海から慌ただしく広州へ戻る。今日も残念ながら2時間遅れ。いつものこととはいえ、萎える。ただラッキーだったのは中国南方航空には珍しく、各席に映画を見れるモニターが着いていたこと。そこでみたのがジョージ・クルーニー監督の政治サスペンス。英語+…

ドラゴンタトゥーの女

以前原作は読んでいたのだけれど、シンガポールエアの機内映画リストに入っていたのでシンガポールから広州へのフライトを利用して映画を見てみた。といっても途中中断したり、娘と遊んだりと気もそぞろだったのであまり集中できず。そうこうする間にランデ…

The iron lady

トレーニング二日目も順調に終わる。仕事を離れてリーダーシップやコーチングについてしっかり学び、意見を交換するというのはなかなか良い。割と経験豊富な面々が集まっているので、意見交換がとても参考になる。 来る時にThe iron ladyという映画を見た。…

ハリーポッター完結

遅ればせながら『ハリーポッター死の秘宝part 2』を見た。足掛け何年かかったのかわからないけれども、ついに大団円。 シリーズが進むごとにどんどんと暗く、重苦しくなってきたこの映画だけれども、今回も暗く悲しい。たくさんの人が犠牲になったことも手放…

ハリーポッター死の秘宝

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2011/04/21メディア: DVD購入: 15人 クリック: 45回この商品を含むブログ (54件) を見る 以前香港のホテルで夜中に見たのだけれども、そのときは途中で…

トイストーリー3

トイ・ストーリー3 [DVD]出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社発売日: 2010/12/01メディア: DVD購入: 11人 クリック: 79回この商品を含むブログ (140件) を見る 4日間で正月休みは終了。最終日はトイストーリー3を見て楽しんだ。という…

The Road

帰宅してから映画を見に行った。The Road。原作はピューリッツァー賞を受賞したアメリカの小説であり、なんらかの理由で崩壊後の世界を生き残った父・子二人で南を目指す物語。最近『2012』や『ゾンビランド』といった同様の世界崩壊とその後の世界を描いた…

Alice in the Wonderland

シャングリ・ラから3時前に帰宅。そのあとパワープラントモールの映画館に公開されたばかりのAlice in the Wonderlandを見に行って来た。ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演(?)である。3Dの方はすごい行列だったのでとりあえず2Dで見てきた。ア…

ゾンビ・ランド

夜8時に家に帰って来たのでその足でパワープラントモールの映画館に『Zombie land』を見に行って来た。自宅の徒歩5分圏内に映画館があるというのはいいね。 Zombie landというのはその名の通りゾンビが跋扈する世界。アメリカ合衆国はいまや崩壊し、United …

Avatarを見てきた

話題になっているAvatarを見に行って来た。すごいスケールだ。ストーリー的にはそう目新しいところはないし、世界観的にも宮崎駿ワールドの方が深いと思うけれど、そんなことは言いっこ無し。探せば同じようなプロットがあるなんて当たり前だし、どう見せる…

クリスマス・キャロル

ディケンズ原作のディズニー映画『クリスマス・キャロル』を10時20分からのレイトショーで見てきた。あらすじは大体知っていたにもかかわらず、台詞は3割程度しか分からず。イギリス英語だからなのか?インド人やフィリピン人の英語はかなり分かるようになっ…

2012を見てきた

2012を見たいと先週シネコンにいってみたら全館Twilight上映中。しかも大行列だったのだった。2012を見たかったなあと思って今日また行ってみたらTwilightの上映中の箱は減って2012をふたたびやっていた。これは渡りに船。ラージサイズのコカコーラとポップ…

This is it

先週末映画館でThis is itを見たのだけれども、これが予想をはるかに超えて楽しかったのだ。ぼくはアメリカで暮らしたわずかな期間にJackson 5のベスト盤を買ったぐらいのもので、その他のアルバムは一切もっていない。マイケルのファンではなかったし、むし…

ハリー・ポッターをみてきた

朝から大雨。会社に行ってみたらぼくのチームのメンバーのうち一人は家から働くとのこと。なんと大雨で家の周りの道路が冠水しちゃって会社に来れないそうな。今日は政府機関や学校なんかは大雨で休み。すごいね。会社に来ていた人たちも3時過ぎには続々と…

容疑者Xの献身

彼女はMangoくん夫妻たちとノリタケのアウトレットに買い物に行ったのでその間はジムで運動。筋トレとトレッドミルであわせて2時間程度。トレッドミルだと歩いたり走ったりした分どれだけカロリーが消費されたのかがわかるのでなんか励みになる。本日500kca…

おくりびと

いい映画。大相撲千秋楽結びの数番を見るために途中でDVDを止めたのでちょっとリズムが狂っちゃったけど。こないだ見たたそがれ清兵衛といい、庄内平野は美しいなあ。今度一度行ってみたい。 おくりびと [DVD]出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテイン…

舞妓Haaaan!!!

日本人会で借りてきた。期待に違わぬリズム感、荒唐無稽なストーリーと阿部サダヲの演技に笑いが止まらない。京都の街並はやはりとても美しくて、これまたうっとりである。京都の真ん中にドーム球場という下りはちょっと想像したくないけれど。 舞妓さんとな…

4つの嘘 カムフラージュ

一晩ぐっすり寝たら風邪もすっかり治ったようだ。朝から500mばかり泳いで、ジャグジーでのんびり。サウナにも入って汗をしっかり流し、昼ご飯もチゲ鍋を食べて辛さで汗をかく。これだけ汗をかけばデトックス効果も格別であろう。部屋も二人で隅々まで拭き掃…

座頭市

昨日は結局深夜3時前まで外から大音響が聞こえて来て難儀した。窓ガラスをふるわせる音。窓を開けてみると意外にも結構遠くからこの音が聞こえる。ということはこの近隣一帯全ての家に響き渡ってるんだろうけれどどうなってんだ。警察に訴えたいところだけれ…

ジブリの日つづき

昨日に引き続いてジブリの日。 魔女の宅急便って幸せな気分を味わえる映画ナンバーワンだ。見てるだけで笑顔になれる。パン屋夫妻が素敵だ。 魔女の宅急便 [VHS]出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント発売日: 1997/11/21メディア: VHS…

ジブリの日

きのうYouTubeでルージュの伝言を聞いてたこともあって、なんだかとてもジブリ映画な気分。連続で見て気付けば12時。んー、宮崎駿ってやっぱりすごいなあ。 永遠の少年冒険映画。1986年の作品だからほぼ四半世紀前だよ。四半世紀を経て大人になった今も変…

エミレーツ機内映画

司法ものを続けて二本。この二本のあまりの温度差がスゴい。 『それでもボクはやってない』は本当に心に残った。この国の司法の問題点と恐ろしさがえぐり出されている。ぼくも以前ひょんなことから温泉で亡くなったおじいさんの第一発見者になったことがある…